自ら知る者は明なり

最近判明したことですが。

これは2019年最大の、と言っても過言ではない、

私的びっくりニュースです!


私はHSP/HSSと言われる気質の人間でした!


HSP(Highly Sensitive Person)

のことは知っていたし、

人から指摘されたこともあるけれど、


いやいや私はそんなに繊細じゃないし、

そこまで内向的でもないよ

と、受け流してきた。


HSPに限らず、

〇〇なタイプだよね~と言われて

腑に落ちたことは一度もなくて、

むしろ全く的外れなことが多かったけれど


HSP/HSS(HSS型のHSP=社交的なHSP)

という気質もあると知ったとき、

いやこれあたしじゃん!と 笑


「右手に社交性を掲げ、左手に内向性を握っている」

「楽しい場でも急に一人になりたくなる」

「怖くて仕方ないけど知らない世界に飛び込みたい」

「「外に出る」と「引きこもる」を繰り返す」

「多趣味だけど身にならない(飽きるから)」


などなど、当てはまる性質をあげたらきりがない 笑


でも、「音楽にハマりやすい」というのは

ちょっと違うかな。

「転職を繰り返しやすい(飽きるから)」

というのも違うけど、その代わりに?
引っ越しは超!繰り返してきました。

今の家が11回目、だったかな?(たぶん笑)


「人間関係を断捨離する」っていうのは

若いころはよくあることでした。


こういったちょっとマイナス?な面は

全般的に若いころのほうが顕著だった気がします。


自分の名誉のために?

プラスの面も書いておきますと、、


「共感力がある」

「総じて頑張り屋」

「仲介役がうまい」

「やりたいことへの行動が秒」

「アドバイスが的確」

「自分に厳しい」

(↑これはプラスなのか??笑)

「大きな決断もあっさりする」

(↑これは??)

「いいことしがち」

(↑これはプラスよね 笑)


ちょっと多めに書いてみました 笑


ちなみに、HSPもHSP/HSSもHSSも

病気ではないので『治す』ものではなく、

一生変わらない気質と言われているそうです。


参考文献はこちら↓

なにがプラスでなにがマイナスなのか

ちょっと曖昧な世の中ですね 笑


なにしろ、

「変わってるよね」

と言われ続けた半生でした 笑

産みの母にも言われていたくらいです 笑笑

HSP/HSSは20人に1人くらいの少数派らしいです。


でも、

こうやって気質に名前が付いて、

1つのスタイルのように表現されると

自分だけが

「変わってる人」
なわけではないのだと

ちょっと認められた気分です。

いや、自分で認めることが出来た、のかな。


たとえマイナスな面だとしでも

そういう自分を自分で認めたとき、

たとえ自己評価は下がったとしても

自己肯定感は上がるという不思議が起きるのですね。


でもですよ。

サイトや本に書かれているような

“生きにくさ”というのは

私はあまり感じたことはなかった、、かな。

だって私には「私が普通」だったから、、?

いやいや、実は生きにくかったのかもなぁ

(なんだそれ笑)



「人生とは自分探しの旅である」

というゲーテの名言があるそうです。


老子は

「人を知る者は智なり、自らを知る者は明なり」

と言ったそうです。


改めて自分を知るということは

年齢に関係なく大切なこと。


自分を知ることは

その先へ進む大きな力になる。


と身をもって感じた出来事でした。


こんな私ですが

TUNNAGUともどもよろしくお願いします♡

0コメント

  • 1000 / 1000

TUNNAGU ー Accessories Connect with Nature ー

天然石と自然素材の、自然とつながるアクセサリー「つなぐ」です。2019年8月1日 ネットショップオープン致しました! https://biophilia.tunnagu.com